最強「肉食」美容ダイエット

パルミチン酸スクロースはどんな成分

shutterstock_394395109

■パルミチン酸スクロースとは?

パルミチン酸スクロースは非イオン界面活性剤の一種です。パルミチン酸とは直鎖飽和脂肪酸の一種で、グリセリドとして植物中に多く存在しています。このパルミチン酸にスクロース(ショ糖)を反応させて出来る化合物がバルミチン酸スクロールになります。

■主に使われている用途は?

クリームクレンジング・化粧水・乳液・美容液などに使われています。また化粧品以外にでは日焼け止め・ボディークリームオイルだどにも使われています。また善玉コレステロールを増加させる働きがあることから健康食品にも使われることがあります。

■特徴・肌への働き

成分の分析を進むにつれて、バルミチン酸スクロールが肌に与える効果・効能はしわを抑える効果やニキビを減らす効能が確認されています。バルミチン酸スクロールにはビタミンAを安定化させる効能がしわを抑える働きをしています。また過剰な皮脂の分泌を抑える効果もあるので、ニキビを減らす効果もあります。

現在では様々な化粧品や健康食品にも配合されるようになりました。安全性も証明されており、日常生活の中に溶け込んでいると言えます。しかし、過剰摂取は体のトラブルにもつながるので注意が必要になります。

ヒアルロン酸Naはどんな成分

ヒアルロン酸Naはどんな効果・効能が期待できるの?~化粧品・成分分析~

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの部位から構成されており、このうち真皮はコラーゲン、エラスチン、細胞外マトリックス、ヒアルロン酸などの繊維からできています。
これらの繊維が劣化して弾力を失うことでしわが目立つなどの老化現象が起こるので、ハリのある若々しい肌を保つためには必須の成分といえます。
特にヒアルロン酸には1グラムあたり6リットルもの水を保持できるほどの高い保水力があり、真皮が多くの水分をキープできるのもヒアルロン酸のおかげといえるでしょう。
この特性を活かして多くの化粧品にヒアルロン酸が使用されていますが、真皮に直接入り込んでヒアルロン酸を補給しているのではなく、角質層の水分量を維持するために役立てられているのです。
保湿効果が期待できるヒアルロンNa酸ですが、これ単体で使用するよりもセラミドなどのより高い効果を持った成分とダブルで配合された製品のほうが高い効能が得られるという分析もあります。
最近は肌への浸透力が高いとされる「低分子ヒアルロン酸」というものがありますが、保水力は高分子のほうが効果が高いので、化粧品として使用するなら一般的なヒアルロン酸のほうがおススメです。

■保湿効果
ヒアルロン酸は皮膚だけでなく脳や硝子体、関節などにも含まれているので、これを含んだ化粧品は安全・安心して使用できます。

■乾燥肌に効果的
1グラムあたり6リットルという驚異の保水力が敏感肌への化粧水として有効です。

保湿効果/肌への浸透性/美肌の維持

エイジングケアのあとは、ビキニラインの脱毛してみませんか?

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
Copyright(c) 2016 最強「肉食」美容ダイエット All Rights Reserved.